<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH

酒を飲むと記憶をなくす

酒を飲むを記憶をなくすことが時々あります。問題を起こしたこともあれば、何事もないこともあります。妻からはこれ以上、問題を起こしたら大変な警察沙汰になると言われています。具体的にはお店の看板を壊したり、他のお客さんと喧嘩をしたりしました。看板は弁償しました。喧嘩は後日謝罪して大事になりませんでした。これは病気なのでしょうか。酒は止めた方がよいのでしょうか。(34歳、男性)

 

「酒は百薬の長、社会の潤滑油」と言われたのは今は昔。昨今では様々な精神・身体の疾患および事故や事件の誘因として問題視されています。その被害額は健康領域で年間1兆226億円、事故や犯罪で年間約283億円、そして労働や雇用の損失は年間3兆947億円、計4兆1483億円(2008年、厚生労働省)に上ると算出されています。

 

さて、アルコール症、アルコールによる精神および行動の障害ですが、下記のように分類されます。「単純酩酊」、すなわち「酔っ払い」は誰でもなりうる、害のない、気持ちのよい酔いですね。ところが、「異常酩酊」から趣を異にします。「複雑酩酊」は酒癖が悪い様相、からんだり、くだをまいたり、説教したり、ちょっと不愉快な方々ですね。

 

そして、本題の「病的酩酊」です。もとの人格と質的に異なる「興奮」を示し、「健忘」を残します。犯罪で責任の有無が問題になります。今回のご質問もこの「病的酩酊」に相当するでしょう。「病的」ですから、飲酒は避けられることが望まれます。ご自分の記憶のないところで、犯罪行為を行うこともあります。

 

昨今、一流大学の男子学生が信じられない猥褻事件を起こしたことは記憶に新しいです。それらが「病的酩酊」により行われていたのかは定かではありませんが、「前頭葉・前頭前野」で判断したこととは決して思えない行為です。明らかにアルコールが脳機能を障害したことは間違いないでしょう。つきましては、ご相談者は、医師の援助のもと「断酒」を行うことをお勧め致します。

 

 

銀座泰明クリニック

2017.01.12 Thursday 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | 物質による障害(F1) | 

お酒を止められない

仕事のストレスから、この1年ぐらい毎晩お酒を飲むようになりました。時には仕事の合間、昼間から飲んでしまうこともあります。お酒を我慢すると、落ち着かず、仕事がはかどらなくなります。私はアルコール依存でしょうか?どうしたら止められるでしょうか?(30代、男性)

お酒は一部の方々においてストレスやプレッシャーを和らげるための精神安定剤として用いられるようですが、向精神薬に比べると効果は不十分です。睡眠導入剤の代りに用いられることもあるようですが、実は睡眠が浅くなります。そして結局、量が増え続け、アルコール依存症になります。以下のような質問もご参考にして下さい。世界的に用いられているスクリーニングテストです。

あなたは今までに、自分の酒量を減らさなければいけないと感じたことがありますか?
あなたは今までに、周囲の人に自分の飲酒について批判されて困ったことがありますか?
あなたは今までに、自分の飲酒についてよくないと感じたり、罪悪感をもったことがありますか?
あなたは今までに、朝酒や迎え酒を飲んだことがありますか?


(Ewing,J.A:Detecting AIchoholism JAMA252:1905-1907,1984)

このうち2つ以上あてはまるとアルコール依存症の傾向があります。しかしアルコール依存症という病気はなかなか自覚を伴わないものです。周囲は問題だと思っていても、本人はそれを認めようとせず、飲酒を止めないで、病院へ行こうともしません。このような考え方は「否認」と呼ばれ、アルコール依存症をはじめとした物質摂取や行動異常を伴う精神障害によく見受けられる現象です。従って治療はアルコールに伴う身体や行動の問題に直面し、「このままではいけない」「どうにかしなければならない」と思うところから始まります。

そう思えたら早速、精神科を受診して、お酒を断ちましょう。主治医の指示に従い、適切な抗不安薬や抗うつ薬を用いて、アルコールからの安全で確実な離脱を図るのです。次に、お酒を多く飲むに至った原因を分析します。大概、仕事や生活の問題から逃避するために飲んでいますから、勇気を出してその問題に直面しましょう。

その際、一人きりではなく、家族・友人など周囲の協力を求められると良いでしょう。また断酒会AA (Alcoholic Anonymous) といった自助グループも有用です。一人で止めようと思わず、同じ悩みを持った仲間と一緒に励まし合いながら止めるのです。はじめは病院へ受診したり、自助グループへ参加したりするのは躊躇われるでしょうが、今後の健康・幸福への第一歩と考えて取り組んで下さいね。


リービング・ラスベガス BDDVD 期間 GNXF-1159

リービング・ラスベガス

酒に溺れて死のうとするアル中の男と彼を愛する娼婦~主演のニコラス・ケイジが名演技でアカデミー賞主演男優賞を獲得した他、各国の映画賞を総ナメにした傑作!

ストーリー:ベン(ニコラス・ケイジ)はハリウッドの脚本家だったが、酒浸りの生活でクビになった。妻子も家を出て、彼はラスベガスで死ぬまで酒を飲み続けようと決める。ベガスに着いたベンは、さびれたモーテルの一室に滞在し、ある夜、街で娼婦のサラ(エリザベス・シュー)と出会う。

キャスト:ニコラス・ケイジ/エリザベス・シュー/ジュリアン・サンズ/リチャード・ルイス/スティーヴン・ウェバー/ヴァレリア・ゴリノ


スタッフ:監督:マイク・フィギス

製作:1995年、アメリカ、約111

2007.01.10 Wednesday 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 物質による障害(F1) | 
 | 1 / 1 PAGES |